ベトナム投資をはじめよう!

    <前へ |   |  2 |  3
    最近になって世界の株式市場が回復してきて、ベトナム株もそれにつられ、VNインデックスも350ポイント台回復へ!
    僕ももうすぐ含み損とおさらば、という水準まできた。
    でもポートフォリオの入れ替えはすれど、ベトナム株は維持すると強く決めている。
    エマージング市場だから、短期的にはいろんなことがある。ここは腰を落ち着けて、長期投資を行うんだ,と心に決めている。

     

    「むかーし、パナソニック、トヨタ、任天堂などの株をもっていたら、今は・・・倍になっていたのに」という言葉をよくきいた。
    もはや、昔のパナソニック、トヨタ、任天堂株は買えないが、ベトナムの将来のブルーチップの株なら、買える。僕のもっている株が任天堂のようになる可能性もある。
    それを期待しながら、あと5年は保持しようと思う。できれば退職金代わりになれば、とも思っている。
    これがエマージング投資の醍醐味ではないかー、とさえ思う。
    デイトレードなんかしない。究極の長期投資だ。

     

    ベトナム投資の醍醐味は、その経済のダイナミズムと国家の形がかわりつつあること。
    ベトナムは社会主義国だ。ホーチミンを歩いているだけだとあまり感じないが、中国とおなじ社会主義国。ベトナムの経済のGDPは大凡国営企業が稼ぎ出している。でも現在は、ベトナム政府による国営企業、株式会社化、民営化のまっただ中。中国でもあったように、国営企業の民営化は外国人投資家にとっては、大チャンス!
    もちろん、ババを引く事もあれど。ベトナムのNTT、ドコモなどを抽選で買えるなんて魅力的じゃないかー。僕は応募しますけど(笑)。

     

    兎に角、一度ベトナム株を勉強することをお勧めします。

     

    あと、あまり投資資金は必要がないというのもベトナム投資の魅力です。
    ベトナムの株価は額面が10,000ドンなので、上場している会社の株価も10,000-100,000ドンが多い。取引単位がホーチミン証券取引所では10株単位なのでこれって日本円で600-6000円程度なのだ。
    これってホントにお小遣い程度で株式投資ができる。
    毎日500円を削って、あるいはタバコを一箱減らして、それを将来の退職金のために、ベトナム投資をしてみるってのもありかと。明るい未来は、自分の運用能力で切り開きましょう。