ベトナム投資をはじめよう!

    1 |  2 |  3 |  次へ>
    ベトナム株投資をはじめた。

     

    なぜベトナムか?
    一番の理由は、ベトナムの高い成長率ということになろう。
    ベトナムには長い海岸線と、原油などの資源がある。あとメコンデルタの米、そして何より8700万人、平均年齢24歳の人口がある。
    60年代の日本の人口構成。やがて日本の人口を抜くだろう。そのベトナムという国の成長力に掛けてみようとおもったーーー。

     

    というのは後付けですが、たまたまベトナム株に出会いまして、それから勉強を始めた次第です。

     

    投資を始めたのは2008年6月。すでにベトナム株ブームも終え、景気低迷期。
    ベトナムは、2008年の5月頃だったか、「ベトナムドンが30%切り下げか?」という噂でもちきりで株式市場も大混乱。
    VNインデックスも2008年初頭には800ポイントを超えていたものが、5月には抵抗線だと見られていた500ポイントを割った。
    ここが底か、と思って始めたベトナム投資でした。なんといってもベトナムは毎年6-8%の経済成長率を誇っている発展途上の国なのだ。
    年率7%だから、普通に成長しているベトナム企業の株を買っても、1年後に7%アップの107、2年目は1.07×1.07=114.5。捕らぬ狸の皮算用で計算していくと、5年後に40%儲かって、10年後には96%アップ、ほぼ倍になる計算。
    あくまで普通の経済成長なので、ブルーチップを選別すれば、10年で3-5倍も。。。と考えたのは事実であり、まあ退職金だと思って、投資しとくか、と軽い気持ちではじめました。

     

    300万円を日本の銀行から、サコムバンク証券の証券口座(STA)へ、為替レートが1円=166.59ドンだったので、僕の口座にはなんと、499,759,995ドン。。。5億ドン。すごい桁がならんだ。ちょっとそれだけでうれしい。

     

    投資開始から2、3週間で、ホーチミン証券取引所も一旦回復の兆しをみせ、なんとはやくも20%アップ!さすが成長国がすごい、と思ったのもつかの間、VNインデックスは、政府の金利緩和政策もむなしく、ドンドン低下。さらに10月のリーマンショックで、年末には300ポイントを割る水準まで。。。

     

    あっという間に含み損は1億5千万、、ドンですけど。。
    銀行に5月頃にお金を預けていれば、年利17%程度だったのに、、とがっくり。
    さらにがっくりしたことに、ドンの切り下げ。1ドン166円が、1ドン180円近い水準に。僕の含み損は円換算で ますます膨らんだ。
    まあ、ドンの下落は想定していたんですけど、下落幅が想定の範囲外でした。やはり外貨を輸出で稼がないといけない国なので、国策としても自国通貨は減価方向にならざるを得ないですからね。