ベトナム ニュース

    [経済統計]  日本企業のプロジェクト、1-6月は15件認可~ドンナイ省

    2013年7月の一覧へ

    2013年7月5日
    ドンナイ省計画投資委員会はこのほど、2013年1~6月に日本企業のプロジェクト15件(資本金総額1億6,200万㌦)に投資承認証を発行したと発表した。ドンナイ省への進出を決めた企業は、いずれも自身の選択にかなり満足しているという。同委によれば、日本は対ベトナム投資を行っている92カ国中トップで、ドンナイ省においては132件(同28億㌦超)で36カ国・領土中3番目となっている。また、日本企業によるプロジェクトは高い事業効果をあげており、かつ、ベトナムの政策方針を遵守しているとして高く評価した。さらに、日本企業は中小企業の国外投資をドンナイ省に誘致する中心的な役割を果たしており、同省を視察に訪れる日本のビジネスミッションは増加の一途だという。ドンナイ省はこれまで、インフラ整備を積極的に進め、日本の中小企業に対する支援策も実施してきた。同省が今年、10億㌦のFDI誘致計画の達成も可能性も高いようだ。ドンナイ省計画投資委員会によれば、2013年1~6月に同省の各工業団地で計6億1,300万㌦のFDIを誘致。このうち、40件(約3億3,900万㌦)が新規、34件(約2億7,400万㌦)は増資だったという。一方、同期間におけるFDI実行額も前年同期比53%増の5億㌦に達したという。
    ニュース提供元:ベトナムタイムズ

    2013年7月の一覧へ