ベトナム株投資

    ベトナム証券市場の特徴

    ベトナム証券市場の主要な特徴としては、まず外国人保有比率制限が設けられている点があげられる。ベトナムの証券市場においては、上場企業の場合、総上場株式数の内外国人が保有できる比率が 50 %未満に制限されている。(銀行株は 30 %未満)。すでに保有比率制限に達している銘柄は、アジア商業銀行( ACB ) , サイゴン商業(サコム)銀行( STB )などがあり、外国人投資家はほぼ市場から購入できない状態である。

    また、個人であっても、法人であっても、証券会社の口座は 1 つしか持てないので、株式投資を検討する場合は、商品取扱いが多く、サービスのよい証券会社を選択することが重要となる。(2009年3月時点)